クレンジング剤が肌荒れの原因?

毛穴の奥までメイクを落とそうとゴシゴシ擦っておる

メイクをすると、どうしても毛穴の汚れが気になります。敢然と洗い流すことがその後のスキンケアの効果を高めますし、ニキビなどの原因になる毛穴の汚れは毎日必ず一掃したいものです。

しかし、その落としたいという気持ちが手や指に力を入れてしまっていることはないでしょうか。クレンジングは肌の表面をくるくるって円を描くようにしてメイクといった馴染ませますが、その力は極しょうもない力で十分。そうすることで毛穴の汚れという馴染むのです。敢然と落とそうと肌が波打つような力を込めてしまうと、逆に毛穴がつぶれ、汚れが残ってしまうことがあります。

また肌をこすれば摩擦が起きますが、こういう摩擦が肌にダメージを加え乾燥や肌荒れ、シミやたるみを起こす原因になるため、美肌の大敵だ。特に皮膚の無い目元は注意が必要でしょう。

きれいに落としたいから長時間のクレンジングをしている

メイクをきれいに減らすのはクレンジングの役目だ。しかし、メイクを洗い流すために長くクレンジング剤を肌に乗せたままにする方法は、肌への負担を大きくします。

特に、界面活性剤が配合されているクレンジング剤としている場合、メイクがスッキリ垂れると共に、肌の潤いを保って掛かるセラミドなどの細胞間脂質も流してしまうことになると言われています。こういう作業を毎日繰り返せば肌は潤いを失い、バリア機能が低下して刺激に弱くなり、肌荒れを起こしやすくなるでしょう。

そのため、クレンジングは1分以内に落としを始めることを心がけましょう。クレンジングまま合わせてマッサージをするなどという方法はできるだけ避け、マッサージはメイクを落とした後にすることをおすすめします。

いつでも顔全体に強力なクレンジング剤として掛かる

クレンジングをどのような方法で行うかも重要ですが、取り扱うクレンジング剤の選び方も大切です。

クレンジング剤には色々な種類があります。ミルクやクリーム、オイル、ジェルなどの種類だけでなく、アイメイクリムーバーやリップメイク専用はも存在しますよね。そしてそれぞれに、強力にメイクを減らすためのものや肌に優しい成分で作られているものがあります。

くどいメイクを敢然と減らすクレンジングは肌への刺激も手強いもの。肌に必要な皮脂なども落としてしまう。また、シートタイプのクレンジングは気づかぬうちに肌を何度も擦って仕舞う可能性が高いでしょう。手軽に使えて便利なものではありますが、毎日のように肌への摩擦が起これば肌荒れの原因になるため、注意しましょう。

クレンジングの方法とともにその日の肌の状態を見極め、肌が荒れがちな時折マイルドなミルククレンジングによるなどの工夫をするって良いでしょう。しつこいアイメイクは専用のリムーバーを使用し、それ以外の部分は肌にきめ細かいものを使用するのもおすすめです。

クレンジング酵素0のダイエット効果は?

クレンジング剤が肌荒れの原因?